ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 01日

大地に働く


e0235910_09010250.jpg

豪雪去りし後の、空知の春
大地に働く方々の その姿が

ひときわ逞しく 美しい



e0235910_09022483.jpg

糧を、つくりだす つくりだせるってすごい



e0235910_09024884.jpg

四季それぞれに、役割がある

どこがはじまりとは一概には言えないけれど

春に感じる「ここから」が
とりわけしっくりと 身体に馴染む気がする






by Okamekikurin | 2018-05-01 09:07 | ツブヤキ | Comments(4)
Commented by ibakasumi60 at 2018-05-02 09:08
空知の春はトラクターの稼働から
土は掘り起こされ台地が目覚める頃
虫も獣も人もわくわくする時でしょうか

流石に広い北の大地
ポツンと赤いトラクターが二台
一人の男がこんなにも広い大地と向き合ってる
地球を耕している
そう思えるほど広大な土地
北海道ですね
Commented by インコ母 at 2018-05-02 09:26 x
十勝の広大な畑を思い出しました。コーン、麦、テンサイ、ジャガイモ、etc・・・牛の飼料用のデントコーンもありました。
広い真っ直ぐな農道を独りで走った気持ちの良さは忘れられません。
Commented by Okamekikurin at 2018-05-02 15:34
★ibakasumiさん★
本州の方々が抱く北海道のイメージは、やはり「広い大地」
...でしょうか(松山千春さんの歌にもありますね(^^♪)
空知や十勝では多く見られるこういう広大な風景、私が今住んでいる
胆振(いぶり)ではあまり見ることができません。
離れてみてわかること、多いものだなぁと実感します。

農業、漁業、工業、etc...色んなお仕事がありますが
一生懸命働くお姿って頼もしくて素敵ですよね~。
「つくりだせる」っていうその道のプロの世界、心から尊敬します!
Commented by Okamekikurin at 2018-05-02 15:35
★インコ母さん★
十勝の平野、「どこまでも~~」って言葉がぴったりですよね♪
六花亭のお菓子にもそういう名称のがありましたっけ。

2カ月半ぶりに空知に行ったのですが、あの豪雪が嘘のように
しっかりと「春」になっていました。
次は菜の花の頃に行けたらいいなぁと、楽しみにしています。


<< 眼ごころ      読めなかった >>