ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 08日

ハヤブサとアオバトが飛んだ日


e0235910_19252879.jpg

ハヤブサさん、お腹すかせているのかなぁ...

いくらなんでもその場所は目立ちすぎるような気がしますが...



e0235910_19261550.jpg

これじゃあアオバトさん達も警戒モードMAXで出てこないんじゃ...



e0235910_19270370.jpg

と、思いきや。ヒトの予測などあっけなく裏切られます。

数は多くないものの、小さなグループがほどなくして海上を飛び始め



e0235910_19291353.jpg

ハヤブサさん、勝負に挑みます。



e0235910_19300386.jpg

猛スピードでこちらに迫ってきます。



e0235910_19302205.jpg

...が、飛び出すタイミングが若干遅れたようで
アオバトさん達は踵を返して森へ戻っていきました。


狩りに失敗して定位置方向へ帰るハヤブサさん。

あの位置から写せる某カメラマンさん、凄すぎる! (゚Д゚;)



e0235910_19322482.jpg

いつのまにかフェリーが港に入っていました。



e0235910_19325823.jpg

ハヤブサの襲撃を警戒しながらも、アオバトさん達は岩礁に降りてきます。



e0235910_19332889.jpg

再び、ハヤブサさんは1羽のアオバトに狙いを定めて襲い掛かりました。

尾羽に二度、その凄まじい勢いにとてもカメラを向ける余裕はなく。
襲われたアオバトさんはしかし、尾羽を全て失いながらも必死で森へ飛び去りました。


上の写真はその直後の、ハヤブサさん。
お腹は満たされぬまま、今日の狩りは終了のようです。



e0235910_19361881.jpg

日々が、命がけの
シナリオなきドラマです。







by Okamekikurin | 2018-08-08 19:45 | シャシン | Comments(4)
Commented by ibakasumi60 at 2018-08-08 20:20
空中でも生きるための死闘が繰り広げられているんですね。
滅多に見られない光景に驚いています。
私の眼に触れないだけの出来事でしょうがこの住宅地では
到底出会わない事です。
どうしても小さいものを応援したくなります。
某カメラマンさんのバズーカーのようなカメラにビックリ(笑)
kikurinさんも?あのようなカメラですか?
持ち運びも大変ですね。
ご苦労様です。・・・と今頃に可笑しいわね。
Commented by Okamekikurin at 2018-08-09 05:38
★ibakasumiさん★
ひとつ前の記事「アオバトの飛ばない日」を撮ったときは
海岸にアザラシのような亡骸が打ち上げられていてカモメが取り囲んでつつき合っていました。
そのリアルな様はなかなか強烈ではありましたが、命が繋ぐ命、をしみじみ感じるものでした。

望遠レンズも、もう少しコンパクトサイズだったらいいのになといつも思いますよ~(;´Д`)
Commented by インコ母 at 2018-08-10 12:22 x
狩る者狩られる物。生きるためにはこんなシーンもありますね。
ハヤブサさん、失敗しましたが、翌日はご飯にありつけたかしら。
O市在住時に一度だけハヤブサがスズメ(多分)を狩るのを近くで見ました。
サーッと来てスズメを掴み、サーッと去って行きました。
高速の見事な狩りにポカンとして見ていましたよ。
流石ハヤブサ、猛禽は大好きです。
Commented by Okamekikurin at 2018-08-10 23:00
★インコ母さん★
この雌のハヤブサは結構高齢だということで(地元カメラマンさん談)
そのせいもあってか狩りの成功率はあまり高くはありません。
今季は、いつもお邪魔するフィールドはアオバトの数が去年に比べて少ないようで
岩礁に降りる数もまばらです。
みな生きるために一所懸命、海水を飲むアオバトもまた、命がけです。
今シーズン、この場所でアオバトが見られるのもせいぜいあとひと月程度。
野鳥さんを追いかけながら、季節に追われているようでもあります(笑)


<< 一難去らずにまた一難      アオバトの飛ばない日 >>