ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

二ヶ月ののち


e0235910_22170554.jpg

2018年6月16日撮影



e0235910_22172500.jpg

2018年8月12日撮影



e0235910_22174506.jpg

8月12日夕方前、とある河川敷にて

暑い暑いと汗をかきながらの撮影だったけれど
背景の緑は 既に秋へのシフトがはっきりと






by Okamekikurin | 2018-08-21 22:49 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by インコ母 at 2018-08-22 10:08 x
青々と育ってるのはネギでしょうか?ウチの方は今年は雨が多く、野菜の育ちが悪いんです。
スーパーでも地物の野菜は安くならず、財布が泣いています。
河川敷のアオサギさん、ゴハン探しでしょうか。夫婦で出不精なので、生のアオサギさんを見る機会が
ありませんし、野鳥もあまり見ませんね。
ここに来た頃はカワラヒワ、シジュウカラも来たのですが、空き地にバタバタ家や会社が建って姿を見なくなって寂しいです。
暫く前に義母宅の木にアオジが来た以外はスズメさんばかり。
庭にもっと木があれば来てくれるのでしょうけど、木を植えるには難しい庭なんです。
道路向いの会社では、駐車場の隅に餌台を設置してあるので、スズメさんが来て、
雨上がりの水溜まりで水浴びをしています。ウチの窓から見えないので、それが残念ですね。
春に声が聞こえるので、シジュウカラも来ているようなのですが、外に出ると飛んで
行ってしまいます。寂しいなぁ。。
Commented by Okamekikurin at 2018-08-22 21:57
★インコ母さん★
空知時代は、アオサギさんを見るのは大抵田んぼ辺りでしたが
こちらでは「川」か「海」が殆どです。
田んぼで見るのは白いサギさんの方が多いかもしれません。
しゅっとした立ち姿は美しいけれど、コロニーのあるところでは
独特の鳴き声がハンパないですよねぇ(>_<)

秋の渡りのシーズンになると、あっというまに寒い季節も。
夏鳥さんともそろそろお別れかな。
我が家の周辺で、初夏からずっと鳴いていたエゾセンニュウの声も
ここ数日は聞こえなくなり、ちょっと淋しいです(/_;)


<< 噂のあの船      ここにも! >>