ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 31日

夏子と春子


e0235910_20193033.jpg

真夏の、母さんリス。



e0235910_20203190.jpg

緑のなかを日々、駆け回っています。



e0235910_20211192.jpg

土の中から掘り出した 大切なご馳走♪



e0235910_20221310.jpg

ここからは、夏の子リスちゃん画像。
二股のあいだから2匹がのぞいています。



e0235910_20231166.jpg

母さんリスと共に数回の引越しをしている子リスちゃん。

この頃はまだ巣のある木からは離れずに、それでも大冒険!



e0235910_20264514.jpg

根元までは降りてくるけれど、再び駆け上がります。



e0235910_20273707.jpg

お目目、まんまる♪ キラキラ~ン☆彡



e0235910_20280539.jpg

すべてが新鮮! すべてが学習!



e0235910_20284759.jpg

大人のリスさんに比べると まだまだ小さかった頃。



e0235910_20294480.jpg

穴はね、とりあえず覗いてみます。



e0235910_20302899.jpg

夏の子リスちゃんは、最初から夏毛なのだけど

そうだ。春の子リスちゃんと比較してみましょう ↓↓↓



e0235910_20314138.jpg

春の子リスちゃんは、ほら、こんなに耳毛が長いのですよ~。(※5月下旬に撮影)
成長と並行して季節が夏に向かうにつれ、段々耳毛が落ちていくのです。



e0235910_20330764.jpg

こちらも春の子リスちゃん。
やはり耳毛がフサフサですね~。

春子ちゃんと夏子ちゃん、天然ファーを纏うかどうかは
外気温を察知して身体が順応していくのかなぁ。
ちいさなことかもしれないけれど、なんかスゴイ!







by Okamekikurin | 2018-08-31 06:55 | リス2018年春夏 | Comments(6)
Commented by ポンママ at 2018-08-31 07:24 x
可愛すぎる〜〜☝️💕
この子達は空知の子なんですか?
今住んでるとこにもいるのですか?
会いたい気持ちに体ごついてかない😓
Commented by ibakasumi60 at 2018-08-31 08:27
夏の子リスちゃんと春の子リスちゃん
どっちも可愛い~!!
お母さんも貫禄!

何時も可愛いとキリ言いようがないほど可愛いのです(^_-)-☆
子リスちゃんは冒険心がタップリで仕草が可愛すぎます。
Commented by Okamekikurin at 2018-08-31 21:48
★ポンママさん★
リスさんは、こちらに越してきてからはいつも胆振管内で撮影していますよ~。
色んな場所で出会えますよね、エゾリスさん。

あ、今日はアオバトフィールドにY先生が生徒さんを連れて撮影にいらしていましたよ。
雨が降りそうで降らない、ビミョーなお天気でしたが寒くはなかったので
何とか夕方まで滞在できました♪
Commented by Okamekikurin at 2018-08-31 21:49
★ibakasumiさん★
夏の子リスちゃんも今はすっかり母さんリスと変わらない大きさになりました。
伴い、数が減っていくのが悲しいですけれどね…(/_;)
(今週行った時には、子リス2匹しか確認できませんでした。)

気候不安定だったせいか、栗のイガが青いうちから地面に落ちていて
ちょっと心配です。
実りの秋は、まだ少しばかり先のはずなのですが…
Commented by インコ母 at 2018-09-02 19:29 x
子リスちゃん、幼い時から耳毛があるんですか!
うーん、可愛いけど不思議。
まだ寒いから?毛穴から全部の毛が生え揃うようなDNAがなせる業?わかりませ~ん。
夏には落としちゃうって・・・リスママさん教えてくだされ。 動きが何とも可愛らしいですね(^^)
Commented by Okamekikurin at 2018-09-03 05:56
★インコ母さん★
やはり、外気温に合わせて防寒仕様がはたらくDNAを生まれながらにして持っているのでしょうねぇ。
ママリスのお腹から出て、最初は勿論つるりんとした小さな身体ですが
巣の中にいる期間にそれを察知していくのでしょうか。

人の暮らしは、寒ければ暖房器具を使えるけれど
自然界の彼らは「自分で」身を守らねばならないから必然そうなるのでしょうが
すごいですよね、野生の世界って。


<< キミ、誰?      もたれル。 >>