ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 15日

「いろいろ」


本記事内容は、ものすごぉくどうでもいい、且つ長い駄文です。

「今、気絶しそうなほど超ヒマだよ!」というお方のみ、お付き合いくださいませ。


e0235910_15423930.jpg


(早朝撮影、たまには“いつものフィールド”以外の場所に行ってみようかな)

あまり冒険しない性格なので「ここ」と決めたらそこばかりな自分
面白みに欠けます...わかっちゃいるけど、なかなか変われないのよね~(悲)



てなわけで、珍しくその日は
滅多に行かないフィールドに赴いたわけです。


(たしかあそこも公衆トイレがあったしね❤)
↑↑これ↑↑ は自分にとって最重要ポイント。

自分ちのクルマで行ける場合は、まぁトイレがないフィールドでも
車移動でトイレポイントへダッシュGOが出来るのだが
コンビニなどが至近距離にないフィールドに公共の交通機関で行く場合
「そこにトイレがあるかどうか」が、行くor行けないの決定打となります。


秋晴れの、朝日もホコホコとやわらかなその日
森のあちこちから目覚めの野鳥のさえずりも聞こえて
うん、なまらイイ感じ。


でもね、早朝の冷えは体内に容赦なくしのび入るもので
水分いっさい摂らずに家を出てきても
「んー。シッコしたい、かも」


家に居る時は徐々にやってくる尿意でも
秋の早朝、放射冷却の森に身を置くと
唐突に尿意が断りもなくいきなりのMAXになる罠。


そんなわけで、記憶たよりのトイレ方向へ すたたたたタ。


だがしかしそこでアタシは。
寒冷地の外トイレにおける嗚呼無情的地獄を、はたと。


いやいやいや、そんなはずはあるまい。
本日、秋うららなる晴天日。
まさかトイレが閉まっている、なんちゅーことは




.....あったので、あった。



Ω\ζ°)チーン



そう、北国の森や公園に於ける外トイレは冬場、凍結防止のために
じょっぴんかって(←方言?)使用不可になるケースが多々。


「今日から11月だったンだ...」(※11月1日の話です)

今朝がどんなに小春日和であろうとも、
つなぎトンボがブイブイ飛んでいようとも、
暦の上では、つか、森林管理者さんにとっては
「冬期間」に分類されるのだよなぁ。


てゆことは、だよ。
このモーレツなるアタシの尿意は、どこでどないして放出すればいいんだぃ?


「かえろっか...」
と、手帳に記したバス時刻をみるも、
最寄りのバス停に来るバス、一番早くて1時間以上もあとじゃん!!!


「むりポ...」


そんな不安にさらされると、脳内悲し信号がすみやかに点滅を始め
我がお腹にも伝達するシンプルな仕組みバンザイ。



「おなか、いたい...」


尿意は便意へ、便意は下痢意へ、下痢意は滝下痢意へ。
所要シフト時間3分(当社比)



んー。まさかの、TAKIーGERI。
どうすべ。
おちつけ、おちつけ、おちついてかんがえよう。



★解決策その1★

「ケツ穴に渾身の力をこめて締める。
そのまま1時間以上あとのバスを待ち、
ケツ穴締めたまま一滴の下痢汁も漏らさずに
バスに延々と揺られ、這う這うの体で帰る」


うん、むり。



★解決策その2★

「とりあえず森から離れ
道路に出て民家まで歩く。
人の良さそうなおじいちゃんおばあちゃんが住む家を
嗅ぎ分けて、ピンポぉぉぉん♪
あのぅ...おトイレ、貸していただけませんか...
と、下痢目、いや涙目で頼み込む」


うん、かなりむり。


★解決策その3★

「森の奥へ奥へと進み
熊さんしかいないあたりへ辿り着いたら
すみやかに体勢をキメたのち
無になる 土に還る(還す) 祈る 去る 忘れる」


ああ、熊さんコワいなあ。
でもたぶん、それ以外に選択肢はない気がするよ。
やさしい熊さんなら、きっと一緒に並びウンしてくれる。
うんうん、そうに違いない。




かくしてアタシは、額に冷や汗と脂汗を滲ませながら
森の奥へ奥へ、笹をかきわけ枝に刺さりながら
向かったわけです。

ハラの中ではオーケストラが壮大な交響曲を奏で
まもなくクライマックスを迎えようとしていました。



「このへんでいいかなぁ...」

傍から見ると、おそらくそれはまさにいま、自らの命を絶とうとする
借金取りにおわれおわれて北の果ての森へ辿り着いた
そんな姿...には見えません。
だって震える手には、握りしめたるポケットティッシュ。


こんな時に限って、カバンに入ってるポケットティッシュは
クリネックスのいいやつ。
「さらにやわらか プレミアムにしっとり」って書いてあるよ。
このやわらかいのは、尻拭くと破れるンだべな。
うんと贅沢に重ねて使って、そしたら尻2回拭いたら無くなるべね。




覚悟は決めたさ。あとは致すだけ。


それなのに。

笹やぶにもぐって、ズボンに手をかけては
いやいや、まだまだなんとかどうにか...

と、戻り。もしかしたらガマンできちゃう?自分。
何とかなる?このまま。家まで。もつ?もしかして。


戻る。いや無理。入る。いや待てよ。
戻る。いや無理。入る。いや待てよ。


そんな挙動不審を数回繰り返して。


《諸般の事情によりこの後の数分部分は記述不可。》



e0235910_15494695.jpg

ふと仰げば頭上を、ミヤマカケスが飛んでいきました。


いい日、旅立ち。
い・い・ひぃ。そうだ、11月1日の
今日はゾロ目だったんだ...



んもう、我が視界を森の妖精エナガが舞おうとも
背後で鹿が雄たけびあげようとも
どうでもよくなりました。アタシャ、つかれたよ...



森のトイレが使用できないと分かった以上は
長居は無用...ではなくて、無理。というか厳禁!


一番早くにやってくるバスで帰ります。ええ、ええ。


笹やぶエリアを抜け、森の入り口付近まで戻った時に
迷彩柄の望遠レンズ装着のカメラマンさんとすれ違いました。


「おはようございます♪」
今さっきの、滝地獄は私のことではありません。
フツーに、ごくフツーに、一般的に挨拶をいたします。


「何か撮れましたか? 奥までは、行ったんですか?」
と、カメラマンさんから尋ねられました。


「いえ、近くのそこらへんを、歩いただけです。
今日は何も撮れませんでした~。」


奥まで行ったなんて、そこでナニがナニをナニしたなンて
口が裂けても尻が裂けても言えませんってば~!



e0235910_15511747.jpg

その二日後、の夜。


夫がふと、私に
「そういえばおとといだったか、当直明けの日だったっけか
俺DVD観てる時に、お前すっごいイビキかいて寝てたよ。
疲れてるんだなぁって思ってたけど、何かあったの?」と。



「うん、まぁ、ちょっとね。
貴方の居ない時間に、まぁいろいろあるんだよ...私も。」


そう、「いろいろ」とね

あるのでございます。






by Okamekikurin | 2018-11-15 18:32 | ツブヤキ | Comments(8)
Commented by ポンママ at 2018-11-15 21:47 x
あるあるだよ~~~~~~。
FBには書けない(笑)
わたしゃ、糠平で何度か・・・友達に事情を言って一人林の中に・・・あるときは雪に埋もれて・・・
全くやっかいなことだねー。
おつかれさま!!(笑)
Commented by michiko at 2018-11-16 01:17 x
一昨日、コンビニの入り口で激しい咳のおば様と
ふわっとすれ違って いやな予感通り風邪もらったみたい。
38度ナウ。。森の奥へ進むKikurin を妄想してしもうた。
帽子から長い髪を風になびかせて、美女が!
熊笹の尖った先でお尻は無事か?
きっと熱のせいだわ~いやはやすまぬ。
Commented by Okamekikurin at 2018-11-16 08:38
★ポンママさん★
糠平のあの美しき“存在”、あそこにたどり着くまでにも結構な距離と
伺っております。。。ホント、「あるある」ですよねぇ。

マヂメな話になってしまうけど、以前うちの姑さんが
腸の病気でストーマ(※人工肛門ね)を使うことになり
これからの人生はストーマとのお付き合いなのね...と思っていたのだけれど
その後症状が快復したのでストーマから通常の肛門排泄に戻れる手術をしました。
私なんぞは想像をするしかなかったので、当然、自分の肛門から排便できるのが幸せ
と思っていたら、義母は「ストーマのままのほうが良かったかも。。。」と言うので
ちょっと驚きました。
慢性的にひどい便秘、その場合はむしろ、ストーマの方がラクだと...
トイレ探さなくていいしね、とも言っていた。なるほど...
(もちろん、ストーマのストレスや不便さはあるのですが)
「戻す」手術をお医者さんに積極的に頼んだのは私だったので
かなり複雑な思いになりました。義母にも申し訳ないことをしたかな...と。
Commented by Okamekikurin at 2018-11-16 08:39
★michikoさん★
38度は辛いですねっっっ(>_<)
巷で、大流行りのようです...風邪。
お腹にくる人、喉にくる人、さまざまなようなので
どうぞしっかり休んでじっくり治してくださいませ~~。

けものみちも無い笹薮って想像以上にイバラ状態なのだなぁって
今回つくづくわかりましたっ!
空知時代、筍採りやきのこ採りで行方不明者が出ると
夫もよく駆り出されて探しに行ってたものですが
あれは迷うのも無理ないわ...
てゆか、トンガリが痛くて背丈もあってなかなか分け入って進めなかった(;_:)
Commented by kei at 2018-11-16 10:04 x
私は山の中で、何度かありました。
藻岩山でも2度あったな~~(^^;
誰も来ない場所を選んで、、山の奥に入ります
笹や、木の棒がお尻に刺さらぬよう
少し腰を浮かして、、あはは。

小の場合はなるべくペーパーは使いません
大の場合は雨で解けるようにトイレットペーパーを持参してます。
ティッシュはいつまでも残ってしまうのでだめです。
今は山のトイレ用に簡易トイレが売ってますから
KIKUさんも持参したらいいですよ(^^)/

一度、眺めのいい方を向いて小をしたのですが
あとで、向こうの丘から見える位置だと知り慌てました
見られた?かも。別にいいけどね(^^)
Commented by ibakasumi60 at 2018-11-16 17:10
笑っちゃいけない ここで笑ったらいけないの
そう思いつつ笑わせていただきました~(笑)

冬の遠征で一番困るのが今日のこの事ですね
どうしたらいいんだろうね
行く前に空っぽにしていくしかないだろうか

それでもたまった時は何処で放出するか
悩みますね
目に見えるようで辛いです
こんな時男が羨ましい~

どうぞその辺りの面倒をよく見てあげて下さいね
エナガちゃんは未だ来ていませんか?
あのふっくらしたホッペ クリクリお目目に合いたいです
リクエストしとこっと!
Commented by Okamekikurin at 2018-11-16 18:05
★keiさん★
そっか、トイレットペーパー折りたたんで持参するというテがありましたね!
早速実践あるのみです!!!(野ウンはできれば避けたいけれど…(;_:))
簡易トイレ、次回札幌に行った時に秀岳荘で見てみます♪

笹薮の密集度合って、いざしゃがもうとするとなかなかに手ごわいものだと
思い知らされました。
ホント、腰は浮かせ気味じゃないと容赦なく刺さりますね(;´Д`)
森で生息する動物達って、皮膚が強いんだなぁって改めて思ったり。
Commented by Okamekikurin at 2018-11-16 18:06
★ibakasumiさん★
いくら空っぽにしていても「冷え」というのが曲者でございます(T_T)
猛禽フィールドに登っていた時は、予め下痢止めを飲んで行っておりました。
何せもともと胃腸が弱いので、そうでもしないと外活動ができないのですヨ…

コンビニの存在というのはしみじみ「有難い」です。
撮影地は、コンビニまでも相当の距離、という場合も少なくないですが
それでもコンビニトイレで救われたことは多々。

今季はこちら管内、エナガさんがとても多くて色んな場所で出会えております。
まだ木々の葉っぱが残っているので撮影しづらいのが辛いところ。
積雪になったら冬木に止まるふっくらエナガさん、撮れるといいなぁ~❤


<< ハイテンション ゴールド      ピンクがお好き!? >>