ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 05日 ( 1 )


2018年 04月 05日

たったひとつの花


e0235910_06034205.jpg

我が家の「コーヒーノキ」が、たったひとつだけ、花を咲かせた。



空知時代に 珈琲豆を買いにちょくちょくお邪魔していた
高田珈琲店(滝川)のオーナーさんからコーヒーの実をいただいたのが2010年。

ひとつのコーヒーの実には種子が2粒、向き合っておさまっている。
ふたつの実をいただいたので、つまり種子は4粒、それを鉢植えしたのだ。


当時のブログは、今使っているこのブログの前の、さらに前の時代のもので
今はそのブログサービス自体がなくなっている。
(※拙ブログの過去記事→(2011年3月14日))


このコーヒーノキ、空知時代のアパートではすくすくと元気よく育っていたのだが、
胆振に越してきてからはどうにも元気がなくなってしまった。
おそらく、室内の日当たり加減がよろしくないのだと思われるが、
何せどの部屋もあまり日が入らないので 申し訳ないと感じつつ
成長を止めてしまった枝葉を見ているだけの日々。

幸い、完全に葉を落とすまでには至らず
私の身長ほどの高さで細々と生息している。
(ちなみに高田珈琲店さんの鉢植えコーヒーノキは、
天井に届く高さで花も実も沢山つけています)


そんな状況だから、お花を咲かせるなんてことはとうに諦めていたのだが。
何を思ったか、単なる気まぐれなのか春の贈り物なのか
そのへんはまるでわからないのだけれど、
とにかくたったひとつの、小さな白い花が咲いた。


奇しくもそれは、エイプリルフールの朝のことだった。





by Okamekikurin | 2018-04-05 06:35 | 高田珈琲ノ木 | Comments(8)