ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 09日 ( 1 )


2018年 04月 09日

午前5時2分の炊飯器


なにごとかと、思った。


自分のすぐ後ろで、炊飯器の蓋がいきなり「がぱっ!」と開いた
...誰も手を触れていないのに。



咄嗟に、腕時計の時間を


早朝、5時2分のこと。


e0235910_09575559.jpg

夫が出勤する(通常の)朝は、私は4時半に起きて
先ずは弁当のおかずを作る...揚げたり、焼いたり、炒めたり。
それに要する時間が概ね40分程度、そして1時間くらい冷まして
その後、弁当箱に詰める。

ちなみに炊飯が終わるのが、5時10分。


ゆえに、炊飯器の蓋が「がぱっ!」と開いた5時2分は
まだ炊きあがる少し前だ。



e0235910_09581708.jpg

...ま、単純にこれは「炊飯器の蓋の閉まりが浅かった」
という物理的な理由から起こった現象なのだろうけれど


しかし自分ひとりだけがこそこそと動いているひっそりした台所で
いきなり蓋が開くと これはやっぱりかなり驚くことでもあった。



e0235910_09583835.jpg

早朝、弁当を作っている時間、というのは
最近は大抵父の事を考えている。

グループホームに現在は居る父だけれど、何かとトラブルを起こしたりで
職員さんからしばしば電話連絡をいただいている。
数日前もちょっと色々あり、また近日中に話を聞きに行かなくてはならない。
そんな日々なものだから、どうしても頭から離れず
起床と共に父の事を考え始めてしまう。


考え過ぎがもたらす、それは自分がつくり出す〈思い過ごし〉かもだが
早朝のその時間帯に「父の気配」を部屋の中に感じることもしばしばある。

におい、であったり、シルエットであったり、まぁ色々なのだが
親子だから仕方ないかぁと、そう自分に言い聞かせるしかない。



e0235910_09590097.jpg

ともあれ その後、炊飯器は5時10分に、いつもと変わらぬ
「炊けたよぉ」を知らせるメロディーが流れて普通に炊き上がっていた。



e0235910_09593291.jpg

いわゆる、あの世から、ではなく
お互いが生きているこの世、に於いても
ヒトが知りえる知識や経験の説明から外れる何かが見え隠れする
そんなことがあったって、いいんじゃないかな


いや、気づかぬ(気づけぬ)だけで、いっぱいあるのかもしれないし。





by Okamekikurin | 2018-04-09 16:39 | ツブヤキ | Comments(4)