ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 09日 ( 1 )


2018年 09月 09日

9月9日 夕方時点でのご報告(ほぼ独り言)


先程 行ってみた近所のマックスバリュには、少しずつだけれども
肉・魚の類いも並び始めていました。


きっと明日には「いつもの商品棚とほぼ同様」近くまで戻っていることでしょう。
(売り場から見えない場所で働く方たちも、休憩なしの大忙しと推察いたします。
本当に有難うございます!)



昨日の夜、SNS系で拡散されまくっていた出どころ不明の情報、
一発目を目にした直後には心臓が裏返る思いでした。


「厚真の自衛隊さんからの~」
「地鳴り(※地響き、という書き方もあった)~」
「数時間後(※5、6時間後、という書き方もあった)の大揺れ云々~」


なにせ、このさなかだから。
どのワードも直球で胸にぐっさりと刺さり込むわけです。


しかし、変だぞ。
そのSNS書き込みを読んでいる自分の横では、
テレビのニュースで「現在もなお、土砂崩れの現場では救助活動が...」と。

...万が一にも、自衛隊さんからの正式な発表だったら、だよ?
再びの大地震が襲い来るとわかっている現場にて、
大勢の方たちが作業を続行できるのか??
それこそすべてのテレビ局が重大発表記者会見を中継放送するでしょう。


と、矛盾点がむくむくと。

何にせよ、備えあれば憂いなしの「準備」は思いつく限りしているけれど
だけどこの書き込みは何かガセっぽいなぁ。
だけどだけど、再びの大揺れ、ありそうだありそうだありそう...


と、独りの夜に部屋の中を情けないかっこでうろうろする始末だったが
その後の色んな方面からの「デマ」を決定づけてくれる書き込みもみるみる増えて
そのことに於いては一区切りついたので寝ようと試みるも

やはり、殆ど眠ることはできなかった、9月8日の夜。



Webの影響力、拡散力、それは良い時もあれば危うくもありで。
氾濫する情報から、すくい上げるものを選ぶのは自分
加えてそれは、自分にとどまるだけじゃないことも、多々。



e0235910_20075620.jpg


9月8日の夕方、空が燃えていた、というか吠えているようでした。
(※台所の窓から撮影です)


9月9日、余震の数は少し減ってきたように感じられます。
が、引き続きの、「もしもの時の」心構えと準備は継続です。






by Okamekikurin | 2018-09-09 20:12 | お知らせ | Comments(4)