人気ブログランキング |

ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2019年 08月 31日

何故、はねる


何故、はねる_e0235910_05545702.jpg

アオバトさんフィールドには、この夏
15回くらい訪問したでしょうか...



何故、はねる_e0235910_05554895.jpg

思い狙う画は今年も撮れなかったけれど
楽しく過ごさせていただきました。



何故、はねる_e0235910_05563607.jpg

「俺達、青鳩男組♪」



何故、はねる_e0235910_05584210.jpg

海水、たっぷり飲んでミネラル注入です!



何故、はねる_e0235910_05591406.jpg

このフィールドでは、今季はアオバトさんの飛翔数が去年より少なかった気がします。



何故、はねる_e0235910_05592924.jpg

黄昏に飛ぶ。



何故、はねる_e0235910_05594113.jpg

海面では お魚さんもよく跳ねています。

...ところで、お魚さんって何故跳ねるのでしょうね?? (・・?



何故、はねる_e0235910_05595217.jpg

(※令和元年7月下旬撮影)







by Okamekikurin | 2019-08-31 06:22 | シャシン | Comments(4)
2019年 08月 30日

本番直前リハーサル♪


本番直前リハーサル♪_e0235910_16325324.jpg

福本ゆめ先生の二胡レッスンルーム『夢二胡』 苫小牧教室の
「二胡 heartful ConcertⅢ ~発表会&コンサート~」が
いよいよ明日(8月31日)に迫ってまいりました♪



本番直前リハーサル♪_e0235910_16380485.jpg

昨日(8月29日)は、福本ゆめ先生、アシスタントの先生
そして苫小牧教室の門下生全員集合で、直前リハーサル♪



本番直前リハーサル♪_e0235910_16391048.jpg

本番さながらの緊張感です!



本番直前リハーサル♪_e0235910_16401641.jpg

当日に向けての、福本ゆめ先生からのアドバイスに全員が真剣に耳を傾けます。



本番直前リハーサル♪_e0235910_16414027.jpg

演奏中の足の角度もバッチリ揃ってきましたね。すごいなぁ。



本番直前リハーサル♪_e0235910_16422703.jpg

立奏もすっかり慣れましたねぇ (*´▽`*)


...あ、アタシは去年おととしと同様に
楽屋応援隊ですから、ステージに立つことはありません~。


肥えすぎて衣装が入らなくなったンでしょ?
とか
ホントは二胡弾けないンじゃないの??
とか

そういう疑問質問には、ごまかしの微笑でフェードアウトです。ススススス~






by Okamekikurin | 2019-08-30 18:11 | オンガク | Comments(0)
2019年 08月 29日

ひっそりと


ひっそりと_e0235910_14555895.jpg




ひっそりと_e0235910_14561086.jpg




ひっそりと_e0235910_14562286.jpg




ひっそりと_e0235910_14563357.jpg




ひっそりと_e0235910_14564507.jpg




ひっそりと_e0235910_14565740.jpg




ひっそりと_e0235910_14571017.jpg




ひっそりと_e0235910_14572246.jpg




ひっそりと_e0235910_14573319.jpg




ひっそりと_e0235910_14574702.jpg




ひっそりと_e0235910_14575946.jpg




ひっそりと_e0235910_14581365.jpg




ひっそりと_e0235910_14582510.jpg

(※令和元年5月~7月中 撮影)







by Okamekikurin | 2019-08-29 20:53 | シャシン | Comments(0)
2019年 08月 28日

うつくしきかな


うつくしきかな_e0235910_19445862.jpg

4月下旬の画像から...
(※時期がずれていて申し訳ありません <(_ _)> )



うつくしきかな_e0235910_19461382.jpg

池の畔には、ザゼンソウ。


...それから2カ月後の、6月下旬...



うつくしきかな_e0235910_19471531.jpg

同じ場所にて。



うつくしきかな_e0235910_19473395.jpg

みんなでお昼寝 (*v.v)。



うつくしきかな_e0235910_19494269.jpg

おやっ!? Σ(´∀`;)



うつくしきかな_e0235910_19501900.jpg

ススススススイ~~♪



うつくしきかな_e0235910_19512665.jpg

美しきかな。






by Okamekikurin | 2019-08-28 16:13 | シャシン | Comments(0)
2019年 08月 27日

そろそろ小幌(その2)


(※前記事からの続きで、なんちゃって小幌ミッション・その2です。
オチ無きダラダラ書きなので、お時間のある方のみお付き合いくださいませ~ m(__)m )


そろそろ小幌(その2)_e0235910_13095303.jpg

この時刻表は、卑怯駅、じゃなかった秘境駅・小幌の隣の隣、大岸駅のもの。
(※小幌駅、初回訪問日に撮影)


15時1分に大岸駅を発車する列車に乗る予定(小幌までは10分と少し)なのですが。
帰りをどうするか、という事を、予め考えておかないとトンでもないことになります。


小幌には15時14分到着で、列車降りたら、まぁとりあえずホームを撮って
周辺をぐるり散策して、そんで2時間あとくらいにやってくる列車に乗り込めれば

...なぁんて考えてみたって、ですよ。

現実は超クールな時刻表。


選択肢が(たったの)二つしかない!!!

選択その1...15時44分(小幌発車)
選択その2...19時46分(小幌発車)


なんつー極端なこの、時間帯 Σ(・ω・ノ)ノ!


つまり、だ。
たったの30分で小幌を離れるか、日没過ぎまでヤブ蚊に刺されながら涙目で過ごすか。
どっちかしかないっっっ(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。

以前はもう少し本数があったらしいのだけど、過去を探ったところでナニが変わるわけでもなし。
現在のこの運行状況下で、故に来訪者の殆どは「秘境駅体験30分一本勝負」を選択するらしい。

まぁ、気候のやわらかな好天の日あたりに、朝8時38分に小幌に着いて
海へのコースを楽しみながら西日傾く前の15時44分に小幌を離れるってのはありなのでしょうな。
そんなチョイスも頭に入れつつ、しかし結局 今回の三度訪問はいずれも
30分一本勝負でバイオトイレのお世話にもならず(なれず?)
緩ぅく無難に過ごしてきたというわけです。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13102674.jpg

大岸駅のホームにて。
小幌に向かう列車がまもなく入線しま~す♪



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13110636.jpg

ちなみに特急列車や貨物列車はそのまま通過するので、
奥行きの無いホームではなかなかの突風を浴びることになります。ぴゅー。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13113138.jpg

こちらは三度目訪問時、隣の礼文駅で撮影。
大岸も礼文も無人駅だけど、小さいながらも駅舎はあります(&トイレもね)



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13120193.jpg

反対側のホームへ渡るには、橋がないので線路上を直接横断です。
正々堂々渡れるわけだけど、何故かちょっとドキドキ。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13124334.jpg

小幌駅に到着!
降り立ったホームの、左側はこんな視界(立ちはだかるぜ トンネル)



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13133558.jpg

で、右側は...アタシが視界をさえぎってすんません (;´Д`)


何せ、後にも先にもこのトンネルサンドイッチ駅なわけですヨ、奥さんっ!

初回訪問日は6月下旬だというのにエラい寒さで...
いや、だからといってズボン2枚重ねって、ありえなくね???

ファッションセンスが沼の底、というご指摘を箪笥にしまって次へまいります。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13141621.jpg

なかにはまぁ、色んなお方がいるのだろうなぁとは推察いたします、ヨ。
カメラマンのトラブルって、各地・各方面から聞こえてきますから...


でも、掲げられた決まりごと・ルールは守りましょう。ねっ。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13150968.jpg

マムシも怖いが、本当に怖いのは実はマダニだ、というお話を
ある方のWeb記事で読みました。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13154437.jpg

この、洞窟と観音様の写真も、Webにいっぱいあがっていますね。
残念だけど、30分一本勝負じゃあ往復できないのですワ。

いつの日にか、自分も足を伸ばして行ってみたいです。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13161300.jpg

いるんだねぇ...こういう輩が。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13163793.jpg

こちらが有難きバイオなおトイレだよー。後光きらりん☆彡

んー。扉の磨りガラスがビミョーに気になります。
中にいるヒトの、シルエットは見ようと思えば見える透け感だな。
使用時、願わくば誰かに扉前で壁作ってほしいものだが...
独りで行ったらそんなことも不可能なのよねぇ。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13171801.jpg

参考までに、中のバイオな空間。
トイレットペーパーがあるやさしさにむせび泣き。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13181527.jpg

35センチ未満はリリースですってよ~。

では「35センチが含まれる」のは「以下」でしょうか「未満」でしょうか。
ってゆぅ算数の問題を解いていたのは50年くらい前なのかなぁ ( ;∀;)



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13184104.jpg

トンネルに充満する排気って結構むせるということ、初めて知りました。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13191044.jpg

帰りの列車が到着~♪(初回訪問日)



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13193505.jpg

帰りの列車が到着~♪(三回目訪問日)



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13200451.jpg

二回目の訪問日、私と同様に独りで訪れていた女性の後ろ姿。
「撮ってもらえますか~」と、このお方からスマホを手渡されたのだが、
あの時の数枚は果たして上手く撮れていたのかなぁ(←スマホ撮影チョー苦手)

7月に入ってなお、この日も寒かった...
この女性もコートを着ていたものなぁ。



そろそろ小幌(その2)_e0235910_13202800.jpg

撮りたい画が なかなか思うように撮れません。
願って、狙って、イメージ練って、また行こう。


このホームで、ヤブ蚊にまみれながら二胡を弾いてみたいものだわ~ (≧▽≦)







by Okamekikurin | 2019-08-27 20:08 | イベント | Comments(4)
2019年 08月 26日

そろそろ小幌


そろそろ小幌_e0235910_15020431.jpg

“秘境駅”として、全国的にも知名度が(多分)高まりつつある『小幌』。
今住んでいるエリアからはそう遠くないのだから、転勤する前に行っておこう!

...と、思いながらもダラダラズルズルと月日を過ごしてしまい


ここいらへんで決行しないと後がなさそうと思い立ち(大袈裟だね)
やっとこさ実行に移しましたらば


案外存外ハマってしまい、連続3回行ってたりするわけで(←単純 ( *´艸`) )



そろそろ小幌_e0235910_15025008.jpg

勿論、行く前にはWebで色々と小幌駅に関する情報を入手。


「車を停められる場所がない」
「駅舎がない」
「ホームの両側は いずれもトンネル」
「地域住民は 現在ゼロ」


などなど、読むにつけ探すにつけ秘境感モリモリな記事が続々と。



そろそろ小幌_e0235910_15031704.jpg

とりわけ、1日の停車本数の極めて少ない現在のダイヤ
だったらぶっちゃけ、小幌駅のトイレ事情はどうなのよ??
アタシ的には、そこが最大の関心(心配)事。


以前、この世の終わり的滝下痢便意に見舞われながら
延々と車を走らせる長閑すぎる田舎道、やっと見つけて駆け込んだ無人駅に
トイレがなかっっっっっっっっっった。
という地獄物語に直面した記憶が忘却を許さない我が人生ゆえに
やっぱ、どんなに秘境でも構わんのだがトイレないのはダメなんだわアタシ。

ってことで、「現在、バイオトイレが設置されている」という神情報を入手したので
「行きます、すぐ行きます行けます」と相成ったわけです。


ええ、他人様にはほぼ、どーでもよい話でしたね。
ごめんあそばせ。



そろそろ小幌_e0235910_15034455.jpg

そんなわけで小幌ミッション(だから、大袈裟だっつーの)。


まず、車が停められない駅にどうやって車で行くか。
とゆー、しょっぱなから「ラクして秘境体験」なダメダメ思考からスタート。
小幌の隣駅とかに車置いて、一区間だけ列車に乗るってのはありだべか。


いやいや、それはあまりにもあんまりだべさ。


...と、ゆーわけで。
小幌の隣の、隣駅、に車を置く作戦。
(大差なしというツッコミは受け付けません。)



そろそろ小幌_e0235910_15041450.jpg

隣、の隣駅。その名も『大岸』

この駅もなかなかの秘境感がありましたが、駅周辺はちゃんとちゃんとの住宅地。



そろそろ小幌_e0235910_15044822.jpg

ちなみにこの日、同じ考えで大岸駅に車を置いてJRに乗り換え、
小幌に向かわれたご夫婦がいらっしゃいましたが

そのお二方はなんとなんと、「埼玉」からお越しでした!!!

始まりが、そもそも。違いすぎる...



そろそろ小幌_e0235910_15051446.jpg

この日から1週間も空けずに 二度目の小幌ミッションでは
ココロ入れ替えて(?)始発の東室蘭駅から乗車して
約1時間20分 列車に揺られて行ってみました。



そろそろ小幌_e0235910_15054014.jpg

しかし三度目は、なぜだか一転、謙虚さも失われ
小幌の隣駅「礼文」に車を停めての「一区間乗車」
...あ~あ。なんちゃってもここまでくると
情緒のカケラも感じられなくなるね。



そんなこんなの、ユルすぎる小幌ミッションの画像続きは次の記事で。
(面白い画像やオチなどは皆無なので、期待も皆無にしてくださいネ。)






by Okamekikurin | 2019-08-26 18:48 | イベント | Comments(8)
2019年 08月 25日

今年は違う洞


今年は違う洞_e0235910_20493560.jpg

6月上旬

アオバズクのメスが抱卵中と思われる頃、
営巣している木の傍で オスは見張り番の日々です。
(※巣は 去年とは違う洞でした。)



今年は違う洞_e0235910_20513916.jpg

カラスの鳴き声に警戒したのか、
目を見開き全身に緊張が走ります。

(夜行性なので通常昼間の時間帯は ほぼ眠っています。)



今年は違う洞_e0235910_20531192.jpg

7月下旬のある日、突然、メスが地面に降りた瞬間。

どうやらカラスが至近距離にやってきた模様...
数日前に洞から出た子供達は まだ無防備なので
親鳥は身体を張って守りの態勢です。



今年は違う洞_e0235910_20571865.jpg

その後、低い枝に上がりましたが
表情から緊張感がひしひしと伝わります。



今年は違う洞_e0235910_20581517.jpg

親鳥と幼鳥、お尻比較。



今年は違う洞_e0235910_20590520.jpg

親子で三角形。
幼鳥は葉っぱの陰です。



今年は違う洞_e0235910_21000653.jpg

8月中旬

3羽の幼鳥が ぎゅうぎゅうおしくらまんじゅう状態です。



今年は違う洞_e0235910_21004726.jpg

みんな逞しく育って、元気に独り立ちしてね~!



(※アオバズクさんファミリーは、8月24日朝にはフィールドを離れて
それぞれの地を見つけるべく旅立って行ったようです。)






by Okamekikurin | 2019-08-25 17:08 | シャシン | Comments(6)
2019年 08月 24日

日本丸と


日本丸と_e0235910_14221244.jpg

7月下旬の夕方、アオバトさん待ちフィールドに立ち寄ってみると
彼方に日本丸が見えていました。

(※独立行政法人海技教育機構の練習帆船・日本丸は、
今年も8月1日~5日までの期間、室蘭港に停泊していたようです。
本記事の画像は接岸数日前に撮影したものです。)



日本丸と_e0235910_14232902.jpg

近くを色々な船が過ぎていきます。



日本丸と_e0235910_14281155.jpg

右側に見えている3つの背びれはイルカさんかな~?



日本丸と_e0235910_14291071.jpg

フェリーが定刻通りに姿を現すと、ホッとします (´∀`)

時間と共に、陽の傾きと共に、海の色は刻一刻と変化していきます。



日本丸と_e0235910_14300656.jpg

(※令和元年7月28日撮影)








by Okamekikurin | 2019-08-24 22:31 | シャシン | Comments(2)
2019年 08月 23日

大通公園薔薇日和


大通公園薔薇日和_e0235910_20103410.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20104675.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20110068.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20111298.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20112467.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20113710.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20114930.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20120223.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20121708.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20122942.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20124063.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20125449.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20130861.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20131851.jpg




大通公園薔薇日和_e0235910_20132945.jpg

(※令和元年6月中旬~下旬撮影)








by Okamekikurin | 2019-08-23 20:23 | シャシン | Comments(0)
2019年 08月 22日

向きは大事


向きは大事_e0235910_06511435.jpg

木陰で出会ったヒヨドリさん親子。
親鳥さんが 捕まえたセミ(?)を幼鳥に与えています。



向きは大事_e0235910_06524799.jpg

すぐさま受け取る、子ヒヨドリちゃん...ところが。



向きは大事_e0235910_06533196.jpg

サイズが大きすぎたのか、はたまた
向きが不向きなのか(←ニホンゴ的にどうなの?これ(~_~;))

子ヒヨドリちゃんは呑み込むことができません。



向きは大事_e0235910_09254083.jpg

状況を察知した親鳥さん、
子のクチバシから一旦セミを取りあげて



向きは大事_e0235910_09272861.jpg

器用に向きを変えました。

大きな口を開けて待つ 子ヒヨドリちゃん。


向きは大事_e0235910_09283597.jpg

今度は思いきり喉元まで押し込みました。
ヒト科だったら えぐえぐおぇおぇ になりそうですが (;´Д`)

鳥さんは構造的に大丈夫なようです。



向きは大事_e0235910_09301310.jpg

あっという間に呑み込み終了。
「まだよこせ~」と催促しています。



向きは大事_e0235910_09305520.jpg

健気な親鳥さん

再び、餌を探しに枝を離れていきました。



向きは大事_e0235910_09315052.jpg

(※上記画像は7月下旬撮影のものですが、
その後の、子ヒヨドリちゃん、どうもあまり状態がよろしくありません。
自力で餌を捕れるようにはなりつつあるのですが
外観がとても痛々しく(現在の画像を載せるのは控えます)
どうやらカラスなどの外敵に攻撃された模様...

なんとか回復して生き延びてほしいものです。)







by Okamekikurin | 2019-08-22 19:04 | シャシン | Comments(2)