ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 24日

それは、真冬。

またまたしつこく、雪画像です(笑)


「見飽きた!」

いうお声が

今にも聞こえてきそうですが、
なにせ何処を見回しても雪しかないもので(^_^;)


e0235910_0124747.jpg


e0235910_0125836.jpg

 
e0235910_01377.jpg


e0235910_013179.jpg


e0235910_0132726.jpg


e0235910_0133730.jpg


e0235910_0134617.jpg

雪原の足跡というのは
しみじみと「アート」ですよねぇ。

動物さん、有難う~~(^^)

# by Okamekikurin | 2012-01-24 23:55 | シャシン | Comments(6)
2012年 01月 23日

雪きらら。

e0235910_8431143.jpg

1月も下旬になってくると
合言葉のように
挨拶代りのように

「もう雪、要らないネぇ~」

と、ついつい言ってしまいますね。

...ホント、毎年のことではあるけれど。
雪のトラブルにはしばしば泣かされます。
雪捨て場のない環境での雪かきもしんどい。

何かと、
恨まれる対象になってしまいがちな
雪。


でも、
冷え込んだ朝の雪は
やっぱり綺麗です。

e0235910_8432391.jpg

e0235910_8433279.jpg

e0235910_8434266.jpg

e0235910_8435059.jpg

e0235910_8435981.jpg

きらきら、きらら。

サクサク、キララ。

# by Okamekikurin | 2012-01-23 23:55 | シャシン | Comments(12)
2012年 01月 22日

ヤメラレナイとまらない

e0235910_0451221.jpg

週末の森通いがヤメラレナイ...。


朝、しんしんしんしんと激しく雪が降っていても。
森に行きたくて仕方がない。

e0235910_04654100.jpg

野鳥さんたちに逢いたくて、仕方がない。

e0235910_0472148.jpg

いっそ森にテント貼って住んでしまいたいほどに。

ここに居るのが心地よくてたまらない。

e0235910_0484388.jpg

そんなわけで、ブログネタとしてはすっかりマンネリ化してしまいましたが。

またまた雪の朝の野鳥さん達です。

e0235910_049407.jpg

e0235910_0495239.jpg

e0235910_050171.jpg

e0235910_0501590.jpg

e0235910_0502754.jpg

e0235910_0503687.jpg

e0235910_0504536.jpg

e0235910_0505364.jpg

e0235910_051138.jpg

e0235910_0511056.jpg

e0235910_0511828.jpg

e0235910_0512659.jpg

e0235910_0513559.jpg

e0235910_0514321.jpg

e0235910_0515197.jpg

うーん。見事なゼブラだわ~。

e0235910_0515979.jpg

たまに、列車も通ります。

# by Okamekikurin | 2012-01-22 23:58 | シャシン | Comments(16)
2012年 01月 21日

×△◇×入りのホットサンド

夫の受診が終わって、お友達のスパイロさんとの待ち合わせまで少し時間があったので。

病院近くの、以前から気になっていた珈琲屋さんに寄ってみました。

e0235910_094154.jpg

ちょうどお昼時だったので。
何か食べましょうと思い。


ホットサンドを注文したのであります。


バウルーで焼いたホットサンドは、縁がカリッとして香ばしいのですよね。
うん、美味しそうだわ~~~。


さて。
ホットサンドといったら。

その「中身」として一般的にどんなものが入るでしょうか。

例えば
ハム。

例えば
チーズ。

例えば
エッグ。

例えば
ベーコントマト。

例えば....



例えば......






e0235910_014368.jpg

つぶあん。


e0235910_015472.jpg

つぶあんホットサンド。


んまかった。



e0235910_0154539.jpg

こちらの珈琲は今どき珍しいサイフォン仕立て。

各テーブルに、このまま運ばれてきます。
(洗うの大変そうだな~~。)


e0235910_017487.jpg

割烹のような外観。

e0235910_0181667.jpg

ちなみにこの敷地内、お隣は某有名ベーカリーレストラン。


...あれれっ?画像の左下あたりに何か写っているよ。


e0235910_0193111.jpg

お、落し物ですーっ!

持ち主さん、気づいて取りにこられていれば良いのですが...。

# by Okamekikurin | 2012-01-21 23:58 | 飲む食う | Comments(12)
2012年 01月 20日

夫の不満に妻不安

1月18日のエキサイトニュースに出ていた
『夫が妻に抱えている不満3つ』
という記事を読んで、「うぉおおおっ!もしかすると全部当てはまっている気が...」と、
ナニゲに不安になりました(汗)

以下、エキサイトニュースからの転載です。
...もしや、読まれた貴女も不安に思ったりされました??
...もしや、読まれた貴男も「同感!」とおっしゃっていたり???


e0235910_234624100.jpg


===============

よく「結婚は我慢だ」と言われますが、何年も一緒に生活していると、どうしても相手に不満は出てくるものですよね。しかし、不満がピークに達すると離婚に発展してしまうなんてことも……。

不満は、たまりすぎて爆発する前に対処することが大事です。そこで今回は、夫が妻に対して、結婚生活で不満に思っていることを3つご紹介します。

旦那さんがどんな不満を持っているかを把握して、最悪の事態を避けましょう!



■1:料理がマズくて不満

「飯マズ問題は深刻だぞ。特に味覚音痴・味覚障害気味の料理は劇マズ以上」

「何年たっても飯マズなのが問題」

「マズいというより作らない」

食べ物の問題は一生ついてまわりますよね。美味しいご飯が食べられると思えば、家に帰るのも楽しみになりますが、マズいご飯をずっと食べるのだと思うと、毎日が憂鬱になってしまうかもしれません。

全く料理を作ってくれないというのも、日常の楽しみのひとつが欠けてしまうわけですから悲しいですよね。夫が、妻を料理上手に矯正できるのが一番なのですが……。

でも“料理をつくるのは妻”と決まっているわけではありません。妻の料理がまずいのなら、夫が自分で作るという選択肢もありますよね。



■2:女を捨てたようなところが不満

「子供が出来てから嫁がオッサンになった」

「女性らしさとか慎ましやかさが無くなると確かに嫌」

子育てにいっぱいいっぱいになると、洋服や化粧に構えなくなるのは想像できますよね。ただ、オッサンになるのはまずいですよね。せめて“オバサン”でキープしておきたいところ。

夫は、妻にいつまでも女でいてほしいのです。子どもができようが、年を取ろうが「女性なのだ」という意識は持ち続けないといけませんね。



■3:結婚後に太ったことが不満

「さすがに3年で20kg増は太り過ぎだろ」

「子供できたら、おばさん体型まっしぐらだからな。うちもお歳暮のハムになったよ。毎晩俺の隣でハムが寝てるんだよ」

「うちの嫁は、10キロ太った」

体重は、増え始めると天井知らず。気づいたら、驚くような数字がヘルスメーターに表示されたりします。結婚後の体重は、10キロ単位で増えてしまうのでしょうか。

女性は、出産で体型は崩れますし、加齢とともに代謝が落ちて太りやすくなるのは仕方のないこと。とは言っても、最近では“美魔女”と呼ばれる女性たちもいますから、加齢を言い訳にして、自分磨きに手を抜くをことは許されないかもしれません。


====================

e0235910_23465057.jpg


「結婚後の体重は、10キロ単位で増えてしまうのでしょうか」
というくだりに、「そのとおりっ!!!」と、ハゲシク頷きました。


そうしていつのまにか、たかが2、3キロの変化では一喜一憂しない自分が出来上がりました。
ヤレヤレ...


e0235910_2347148.jpg



さて。
いきなり話題は変わります。

先日の、新年イッパツ目の二胡教室は風邪で休んでしまいました。
インフルエンザも流行しはじめたようですね。
寒い日が続きます。乾燥対策も含めて、皆さまもくれぐれもお気をつけて。。。


風邪症状も治まってきたので、ひっっっさしぶりにオケ屋練習行ってまいりました。
先月、教室で頂いた楽譜に『氷雨』というのがありました。
ヒットした曲なのに、実はほとんど知らなかったのですが。
何となく楽譜を追っていくうちに分かってきたような。。。

そんなわけで久々の一日だけヨ動画、
「ヒマで暇で~」と思われているお方がいらっしゃいましたらお付き合いくださいませ。
不協和音につき、ボリゥムは控えめで(汗)約1分50秒の辛抱ですっ。

e0235910_21134660.jpg


# by Okamekikurin | 2012-01-20 23:53 | ニュース | Comments(10)
2012年 01月 19日

『どんど焼き』は何を焼く?

e0235910_725914.jpg

1月15日。
「どんど焼き」へとわがマチの神社に出かけてみると、
駐車場から道路に車が溢れだして、警備員さんが大わらわ。

ん~。
だったらちょいと足をのばして...

e0235910_7252172.jpg

お隣のマチへやってきました。

e0235910_7253586.jpg

かつて、こちらで厄払いをしていただきました。
懐かしいよ~。

e0235910_7254830.jpg

さて、どんど焼き。
ここへ持参するものは毎年決まっています。

...まさか家庭ごみを持ち込む非常識なお人はいないと思うけれど。
今年、驚いたのは、ここに丸ごとの鏡餅を投げ込む人がいたこと。
それも複数個...多分、お部屋の数ぶん?


まぁ私も人の事を言えるような立場じゃないけれど。
...何せ、賞味期限切れの鏡餅に毎年気づく失格主婦ですゆえ。
(でも、食べますよ。賞味期限をはるか突破していてもネ。笑)

鏡餅の、外側容器部分を焼く、というのならばわかるけれど。
中身も一緒っていうのは...どうなの???
「だったら買うなよー。」
...って、言いたくなる。

ひと様のおうちの事とはいえ、ちょっとムカついたかなぁ。


e0235910_7255942.jpg

そんなことを気にしていても仕方がないので。
ココはイッパツ、気分転換です!

e0235910_7261126.jpg

真冬も頑張ってます!
深い雪に埋もれそうになりながらも、頑張ってます!!!

すっかりおなじみ、『花さんぽ』さんへお邪魔いたしました~。

e0235910_7262221.jpg

お店前の道路では、排雪作業中でした。

e0235910_7263377.jpg

e0235910_7264549.jpg

んー。
気づくとここではいつもカメラを構えているなぁ(笑)

e0235910_7265796.jpg

e0235910_72795.jpg

『明治・大正 深川の商店なつかしのポスター展』
いいですねぇ。

まさに、これぞ、花さんぽさん!...というテイストです。

e0235910_7272151.jpg

e0235910_7273388.jpg

そして今日の珈琲のお供は、ズバリ!『歌本』♪♪♪

1000曲集だぜ~。
すごいボリゥムっ。

e0235910_7274443.jpg

1961年...ふむむ。
生まれてないなぁ、アタシ。

もう1冊は確か、昭和33年だったかな??
ますます生まれてないぞぅ~。

e0235910_7275594.jpg

e0235910_728451.jpg

表紙内側の広告がまたすごいっ!

「催眠術」に「空気銃」ときたもんだ。

はて?? これらと歌と、どんな関連があるのだろ???

e0235910_7281322.jpg

e0235910_7282545.jpg

e0235910_7283478.jpg

ラインナップが泣かせます。

ステキすぎます。

嗚呼...ドキドキします。

e0235910_7284444.jpg

そして、あまりにもぶっ飛んだのが巻末特集のコレ↑↑↑。
「オール歌手名鑑」

何がすごいって、文章がね、楽しすぎるのヨ(^_^;)

e0235910_728546.jpg

例えばミッキー・カーチスさん(お若いのぅ。。。)

「フィーリングを持っているが音程やや不安定」
うっ。
クールなご意見だわ。

e0235910_729236.jpg

石原のゆうちゃん。

「悪声で巧くもないのに、いかにも現代的なニュアンスが溢れていて巧拙を超えた味がある」
そ、そこまで言っちゃっていいのか~~~。
まさか個人宅ではないと思うけれど、住所がどーおんと載っちゃってるあたりも時代を感じさせますね。

e0235910_7291218.jpg

淡谷さん。明治40年生まれっ!!!!!

この本が出たとき、既に「歌手生活も30年に近い」のだそうですっ!

「“ビロードの声”と形容される音色は、いまだにツヤっぽく、その寿命の長さはレコード界の驚異」
...すばらしい。

e0235910_729211.jpg

歌姫、ひばりさん。

「その七色の声は虹のように多彩で魅力に富む。音程、感情表現、なにをとっても最高峰。」
大絶賛ですねぇ。

e0235910_7293323.jpg

今の時代にはあり得ない表現も、タブーな言葉も
何もかにもが新鮮に映ります。

うまく言葉にできない感動や、衝撃が。
小さな本から伝わってきます。

e0235910_7294280.jpg

e0235910_7295177.jpg

そうしてまたしても
時が経つのを忘れそうになります。

これぞ『花さんぽマジック』(笑)

e0235910_730169.jpg

e0235910_7301142.jpg


e0235910_7302069.jpg

癒されて、こんな顔に若返っちゃいましたー。

# by Okamekikurin | 2012-01-19 08:23 | ツブヤキ | Comments(9)
2012年 01月 18日

Hitori-zake

e0235910_8305618.jpg

そういえばこのお店に立ち寄るときは
いつも独り。

誰かと、一緒に来た
ということがないのだよなぁ。

e0235910_8312012.jpg

e0235910_8313488.jpg

元々、単独行動が多いので
「独り」ということに寂しさは感じないのだけれど

e0235910_8314774.jpg

e0235910_831573.jpg

e0235910_832812.jpg

ふと思った

女ひとりで来ているヒトって
居ない???

e0235910_8321989.jpg

e0235910_8322815.jpg

自分は
珈琲屋さんに入るのと同じ感覚で
こういうお店も利用させてもらっているのだけれど

何故
珈琲とお酒
とでは

別な感覚で捉えられてしまうのかな。

e0235910_8324063.jpg

e0235910_8324995.jpg

アルコールが入ると
喋りたくなくなる

...これって変かしら。

e0235910_833041.jpg

ただぼんやりと
周りの人たちの会話を
聞くともなしに聞いているのが好き


ただそれだけのこと。

e0235910_847341.jpg

e0235910_8331051.jpg

e0235910_8332030.jpg


# by Okamekikurin | 2012-01-18 08:49 | ツブヤキ | Comments(10)
2012年 01月 17日

主役より脇役

時おり無性に「きんぴらごぼう」が食べたくなる。

それも、繊細に刻んだものではなくて
ざくざくと太め&不揃いのささがきにして作ったのが食べたくなる。


ごぼうの皮をむく手間は、
忙しい時はパスしたいけれど

しかし何故か
そんな時に限って
きんぴらが食べたくなる。

e0235910_717853.jpg

食卓に登場させても
決して「うぉお!きんぴらだー」と
喜んでもらえるおかずではない。

地味な
地味な、存在。

だけど
「あと1品」

これが意外とだいじだったりするんだよなー。



主婦の
ちっぽけなツブヤキだわね。


e0235910_7185932.jpg

マンネリ弁当も、相変わらずだな~。
夫よ、すまん。


たまに新ネタを探さなくてはね.....。

# by Okamekikurin | 2012-01-17 07:23 | 飲む食う | Comments(14)
2012年 01月 16日

毎年恒例のアレ

e0235910_1222214.jpg

冬の朝、公園はしんと静まり返っています。


e0235910_12234112.jpg

というかそもそもこの公園は、冬以外でも静かなのでした(笑)


e0235910_12243221.jpg

川にはブラジャー型の氷が。


e0235910_1225130.jpg

啄木の石碑の前には行き倒れのヒトが。


e0235910_12253128.jpg

何かの足跡は続いているけれど、姿は見えず。



氷点下では、ギコ練習をするわけにもいかないしねー。
ひと気もなければ、ケモノ気もない。


ならば、いっそ。



やりますか?
やっちゃいますか?
毎冬恒例の、アレ!


イッパツ、逝ってみましょうかっっっっ!!!





e0235910_1226537.jpg


平成24年1月7日。
ふっふっふー。今年もやっちゃいました。
Kikurin49歳、雪原人拓2012でございまーす。
新年早々、相変わらずのアフォアフォぶりでごめんなさい~~~。



人拓動画はコチラ↓↓↓(音が出ます。ボリュームに注意してくださいね。1分20秒の辛抱でーす。)



# by Okamekikurin | 2012-01-16 12:35 | イベント | Comments(16)
2012年 01月 15日

鵥と書いて

e0235910_20256.jpg

また森に来てしまいました...

e0235910_202214.jpg

このところ、毎日毎日、降り続いています。
今朝は太陽が出たり隠れたり。

変わりやすい空のご機嫌。

e0235910_213050.jpg

e0235910_214014.jpg

e0235910_214989.jpg

森も大雪だけれど。
彼らは元気です。

e0235910_23110.jpg

おはよう。

と書いて、
「カケス」と読むのですね。
知りませんでした。

鵥であろうと、カケスであろうと、かけすであろうと。
彼(彼女?)にとってはどうでもいいことなのかもしれません。

e0235910_242229.jpg

e0235910_243169.jpg

e0235910_244195.jpg

e0235910_244994.jpg

e0235910_25017.jpg

e0235910_251138.jpg

e0235910_252129.jpg

e0235910_253129.jpg

e0235910_254155.jpg

e0235910_255191.jpg

e0235910_26285.jpg

e0235910_261359.jpg

e0235910_262363.jpg

e0235910_263388.jpg

e0235910_264398.jpg

e0235910_26531.jpg

e0235910_27292.jpg

臆病で神経質なのだけれど。
こちらがじっとしているとカケス君もずっとそばに止まっています。

餌をくわえると、必ず嬉しそうに一言鳴くのです。
そのタイミングが実に可愛らしいのであります。

e0235910_27117.jpg

e0235910_272785.jpg

たっぷんたっぷん。


(※平成24年1月15日撮影)

# by Okamekikurin | 2012-01-15 23:58 | シャシン | Comments(4)