ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 10日

森の視線


e0235910_13415085.jpg

「見られている...」

ふと背後に、そんな視線を感じることがある。



e0235910_13430264.jpg

森では多分、色んな動物から見つめられている。



e0235910_18154287.jpg

ちいさな野鳥さんも、遠くから ずっと上から



e0235910_13453144.jpg

ヒトが、本来は居ない場所だものね

そっとお邪魔して、そっと帰ります。



e0235910_13465144.jpg

気づいていても、気づかぬふり

それがだいじな時も、ある。



e0235910_13480273.jpg

羽づくろい、トリさんの足は器用だね♪



e0235910_13490682.jpg

ゴジュウカラさん、精悍なお顔です。



e0235910_13505241.jpg

川をよく見ていないとなかなか気づけないこのお方。

カワガラスさんは、とっても潜り上手なのです!








# by Okamekikurin | 2018-04-10 18:20 | ツブヤキ | Comments(4)
2018年 04月 09日

午前5時2分の炊飯器


なにごとかと、思った。


自分のすぐ後ろで、炊飯器の蓋がいきなり「がぱっ!」と開いた
...誰も手を触れていないのに。



咄嗟に、腕時計の時間を


早朝、5時2分のこと。


e0235910_09575559.jpg

夫が出勤する(通常の)朝は、私は4時半に起きて
先ずは弁当のおかずを作る...揚げたり、焼いたり、炒めたり。
それに要する時間が概ね40分程度、そして1時間くらい冷まして
その後、弁当箱に詰める。

ちなみに炊飯が終わるのが、5時10分。


ゆえに、炊飯器の蓋が「がぱっ!」と開いた5時2分は
まだ炊きあがる少し前だ。



e0235910_09581708.jpg

...ま、単純にこれは「炊飯器の蓋の閉まりが浅かった」
という物理的な理由から起こった現象なのだろうけれど


しかし自分ひとりだけがこそこそと動いているひっそりした台所で
いきなり蓋が開くと これはやっぱりかなり驚くことでもあった。



e0235910_09583835.jpg

早朝、弁当を作っている時間、というのは
最近は大抵父の事を考えている。

グループホームに現在は居る父だけれど、何かとトラブルを起こしたりで
職員さんからしばしば電話連絡をいただいている。
数日前もちょっと色々あり、また近日中に話を聞きに行かなくてはならない。
そんな日々なものだから、どうしても頭から離れず
起床と共に父の事を考え始めてしまう。


考え過ぎがもたらす、それは自分がつくり出す〈思い過ごし〉かもだが
早朝のその時間帯に「父の気配」を部屋の中に感じることもしばしばある。

におい、であったり、シルエットであったり、まぁ色々なのだが
親子だから仕方ないかぁと、そう自分に言い聞かせるしかない。



e0235910_09590097.jpg

ともあれ その後、炊飯器は5時10分に、いつもと変わらぬ
「炊けたよぉ」を知らせるメロディーが流れて普通に炊き上がっていた。



e0235910_09593291.jpg

いわゆる、あの世から、ではなく
お互いが生きているこの世、に於いても
ヒトが知りえる知識や経験の説明から外れる何かが見え隠れする
そんなことがあったって、いいんじゃないかな


いや、気づかぬ(気づけぬ)だけで、いっぱいあるのかもしれないし。





# by Okamekikurin | 2018-04-09 16:39 | ツブヤキ | Comments(4)
2018年 04月 08日

春、昼下がり


e0235910_22023875.jpg




e0235910_22024889.jpg




e0235910_22030091.jpg




e0235910_22031033.jpg




e0235910_22032172.jpg




e0235910_22033194.jpg




e0235910_22034123.jpg




e0235910_22035161.jpg

なんかもう、眠たくて仕方がないのです...このところ、ずっと。







# by Okamekikurin | 2018-04-08 22:08 | シャシン | Comments(0)
2018年 04月 07日

定番の順番


e0235910_21171682.jpg

残雪が解けきるのを待たずして 開花がはじまるフクジュソウ

そしてエゾエンゴサク、カタクリが忙しく花を咲かせる春

いつもの春、今年も春、同じ順番に開花してくれることに安堵する


花が咲く

その、当たり前が
いつまでも
当たり前でありますように



e0235910_21221582.jpg




e0235910_21222671.jpg




e0235910_21223696.jpg




e0235910_21224710.jpg




e0235910_21225761.jpg




e0235910_21230798.jpg




e0235910_21231835.jpg




e0235910_21233015.jpg

(※平成30年4月5日撮影)







# by Okamekikurin | 2018-04-07 21:27 | シャシン | Comments(2)
2018年 04月 06日

増殖イエロー


e0235910_22441762.jpg




e0235910_22442772.jpg




e0235910_22443982.jpg




e0235910_22452738.jpg




e0235910_22445157.jpg




e0235910_22450233.jpg




e0235910_22451470.jpg

(※平成30年3月31日撮影)







# by Okamekikurin | 2018-04-06 05:34 | シャシン | Comments(0)
2018年 04月 05日

たったひとつの花


e0235910_06034205.jpg

我が家の「コーヒーノキ」が、たったひとつだけ、花を咲かせた。



空知時代に 珈琲豆を買いにちょくちょくお邪魔していた
高田珈琲店(滝川)のオーナーさんからコーヒーの実をいただいたのが2010年。

ひとつのコーヒーの実には種子が2粒、向き合っておさまっている。
ふたつの実をいただいたので、つまり種子は4粒、それを鉢植えしたのだ。


当時のブログは、今使っているこのブログの前の、さらに前の時代のもので
今はそのブログサービス自体がなくなっている。
(※拙ブログの過去記事→(2011年3月14日))


このコーヒーノキ、空知時代のアパートではすくすくと元気よく育っていたのだが、
胆振に越してきてからはどうにも元気がなくなってしまった。
おそらく、室内の日当たり加減がよろしくないのだと思われるが、
何せどの部屋もあまり日が入らないので 申し訳ないと感じつつ
成長を止めてしまった枝葉を見ているだけの日々。

幸い、完全に葉を落とすまでには至らず
私の身長ほどの高さで細々と生息している。
(ちなみに高田珈琲店さんの鉢植えコーヒーノキは、
天井に届く高さで花も実も沢山つけています)


そんな状況だから、お花を咲かせるなんてことはとうに諦めていたのだが。
何を思ったか、単なる気まぐれなのか春の贈り物なのか
そのへんはまるでわからないのだけれど、
とにかくたったひとつの、小さな白い花が咲いた。


奇しくもそれは、エイプリルフールの朝のことだった。





# by Okamekikurin | 2018-04-05 06:35 | 高田珈琲ノ木 | Comments(8)
2018年 04月 04日

翻弄・撃沈の冬


e0235910_06433166.jpg

冬の森では、キクイタダキさんに出会うたびに
毎度、翻弄されまくりで悔し笑いとともに
めいっぱい楽しませていただきました。



e0235910_06435325.jpg

ちいさなちいさな身体であっちへこっちへと飛び回り、まるで
「撮れるものなら撮ってみて~♪」とでも言っているかのよう



e0235910_06441534.jpg

針葉樹の入り組んだ枝の内側に入り込んで虫を探すことが多いから
姿は発見できても撮影となると自分にとっては至難の業



e0235910_06443619.jpg

だからこそ、リベンジリベンジ、さらなるリベンジ
...という具合に森へせっせと通った冬の朝。
それも、今季はそろそろ終了です。


森の奥で逞しく子育てして、そして寒い季節にはまた
可憐な姿を見せてくださいね~~(*´ω`)


↓ 以下 ↓、似たり寄ったりの画像ばかりですが...(;´・ω・)


e0235910_06451645.jpg

虫を探しながらホバリング、広げた羽は本当に美しい

...しかしっ! これがなかなか撮れないのよ~(悔&悔)



e0235910_06472023.jpg

絡みあう毛糸のような枝も、この際アーティスティックだということにする、ヨ!



e0235910_06483676.jpg

ぷーん♪ 鳥というよりむしろ、虫のイメージかも。



e0235910_06493262.jpg

平坦な場所ではないので、追いかける自分はヘトヘト (;´Д`)



e0235910_06503092.jpg

個人的には、こういう画が好き。
マニアックなんです、ハイ (´ー`)



e0235910_06514117.jpg

かたっぽの羽、どこさ隠したンだい~~???



e0235910_06522845.jpg

むむ。餌を発見したのかな~♪



e0235910_06533410.jpg

(※平成30年 1月・2月中撮影)








# by Okamekikurin | 2018-04-04 08:42 | シャシン | Comments(4)
2018年 04月 03日

歩歩、歩。


e0235910_06150521.jpg

ツルっっツル路面の季節が、次の季節へとバトンを渡してくれたようで
ようやく日常活動エリアも歩きやすくなりました。

...ということで、冬貯肉を落とすべく、せっせと歩きます。
歩くのが、自分にとっては何よりの健康法(お金もかからないし♪)

近所にこういう風景が延々と広がっているということも
ホント有難いよなぁ~と しみじみ思うわけです。



e0235910_06431793.jpg

カメラ女子さん達のお姿も (´ー`)



e0235910_06434597.jpg

ストレッチ殿方は、ご自分のペースで☆



e0235910_06441584.jpg

眼光キラリ、監視カラスさん。



e0235910_06453284.jpg

カラスさ~~ん、この昆布はお持ち帰りダメっすかね~?? (;・∀・)







# by Okamekikurin | 2018-04-03 08:36 | ツブヤキ | Comments(2)
2018年 04月 02日

春は、パステル。


e0235910_14462648.jpg

福寿草のお花、咲き乱れてあっという間に後半の時期です(早!)



e0235910_14471259.jpg

もっとゆっくり、咲いていてほしいけれど...( ;∀;)



e0235910_14475407.jpg

それを追いかけるかのように、エゾエンゴサクが開花して



e0235910_14484586.jpg

その群生のなかに、ひっそりとアズマイチゲ(かな?)のお姿も...



e0235910_14494443.jpg

このとっても小さな黄色いのは、なんというお花なのかなぁ???






# by Okamekikurin | 2018-04-02 14:52 | シャシン | Comments(2)
2018年 04月 01日

せわしない


e0235910_05330019.jpg

垂れ目風味のエナガさん♪


こういう画像だと、エナガさんってのんびりした鳥に見えるかもだが
実際のエナガさんの動きは実に「せわしない」。


あ、ここでいう「せわしない」は
「アタシャ~夫の世話しない」の せわしない ではなく
「忙しない」の せわしない、です。
くれぐれも お間違えなきよう(←まちがわないってば (;^ω^))



e0235910_05333030.jpg

止まっている時は、しゅるんとスリムな尾羽だけれど
飛ぶ時には広がる技もアリなのさ~(/・ω・)/



e0235910_05335822.jpg

反り返り、というか、反りカール羽??(笑)



e0235910_05342109.jpg

風、角度、飛び立ち直後か着枝前か、等々にもよって
都度、変化する羽バランス。お見事ですワ~。



e0235910_05344127.jpg

ジュルリジュリジュリ♪
派手ではないけれど独特の鳴き声は、高い枝に居てもすぐわかる。



e0235910_05350774.jpg

ほっそーい枝から枝へ、そして幹へと軽々自在な身のこなし。
お願い、少しの間だけでも とどまってぇ~~~



e0235910_05353290.jpg

今冬は、あちこちでエナガさんに出会うことができました。
まぁ、ほぼ「すっごい上のほうで、ちっさいねぇ~」ばかりでしたが (u_u。)



e0235910_05355570.jpg

(※平成30年2月・3月中 撮影)







# by Okamekikurin | 2018-04-01 05:48 | シャシン | Comments(4)